オルタナティブ投資は流動性が高いものほど危機ではリスクになる

金融危機以降、オルタナティブ投資を中心に運用商品や運用手法のラインナップが多様化している。機関投資家にとって選択肢が増えたことはうれしい半面、自身のニーズに合った商品を選ぶのは大変な作業となっている。運用会社各社から異口同音に聞かれた言葉は、「プロダクトを売る時代は終わった。機関投資家のニーズに合ったソリューションを提供しなければならない」ということだった。さらなる危機があるかどうかはともかく、今のままのポートフォリオではいけないと危機意識を持つ投資家は多い。 トレントや過去のパフォーマンスに捉われず、フラットな視線でアセットクラスを見直すことが、新たな危機が起きた際にもショックを和らげることができるポートフォリオの構築につながるのではないだろうか。

オルタナティブ投資は流動性が高いものほど危機でリスクになる

金融危機後、世界各国の度重なるマネー供給策、特に米国のQE2 (量的金融緩和第2弾)により、市場に過剰流動性が生まれ、新たなバブルとその崩壊が起きるのではないかと懸念する声もある。2007年サブプライム危機、2008年リーマン・ショック、2010年ギリシヤ危機など、何度となくショックが起き、その度に株価が下落。今後、新たなショックがいつ起きてもおかしくはない状況において、機関投資家が何に投資すべきなのかは悩ましい問題だ。
世界のストックマネー

 

リーマン・ショックで問題となったのは流動性が枯渇するリスクだ。しかし「流動性が高いものにもリスクがある」と、有名外銀ディラーはは語る。「経済がノーマルな状況での流動性リスクとは、流通市場が発達しておらず、発行規模も少ないアセットクラス固有の流動性枯渇リスクのことを指す。しかし経済が危機的な状況の際には、逆に流動性が高いものがリスクになる。なぜなら危機に対応するため、世界中の投資家がすでにキャッシュ化できる流動性が高いものから売っていくからだ。このため大型株などは危機の際に暴落リスクを抱え込んでいることになる」

 

また、市場のグローバル化により、今後もバブルが生成されやすく、かつ崩壊しやすい市場環境にあると指摘する。「人気のあるアセットクラスや銘柄が一気に高騰し、誰かが売りに回った途端、一斉に売り浴びせるといったハーディング現象(群集行動)が近年、多くなっている。ファンダメンタルズとは関係のない、パニック的な市場の値動きが起きやすい」

 

危機が起きやすい環境で、機関投資家はどのようにポートフォリオ戦略を考えるべきなのか。「一つは、ショックが起きた際にもリスクを軽減できるポートフォリオを構築すること。ただし、リターンが稼ぎにくく、しかもヘッジコストがかかる、ノーマルな経済状況が続けばパフォーマンスがマイナスに作用する可能性もあり、デメリットも多い。もう一つは、ショックが起きたら下がらないリスク資産はないと考え、ショック後も保有し続けていればいずれ上がるのだから、できるだけリスク資産の分散を図ったポートフォリオを目指す方法。後者の方がより現実的な対応ではないか。

 

リスク許容度がそれなりにあり、長期投資が基本の投資家なら、ショックの際にリターンを上げられるアセットクラスを取り入れることばかりに気を取られてはいけない」と分析する。ポートフォリオ戦略で重要になるのは、ショック時にも負けが小さく、ショック後にリカバリーが早いアセットクラスを取り入れたポートフォリオを構築することにありそうだ。

 

ポイントFXで世界に投資!為替相場が資産形成の場になる。

近頃、個人投資家にFX(外国為替証拠金取引)が人気を集めている。為替相場は24時間動くので、その変動幅を狙っていくというものである。現在証券会社、専業FX業者など約200社がしのぎを削っている。今後FXを始める投資はしっかりと、fx 比較をしていこう。手数料無料で1000通貨から始めることができるFX業者もある。

 

日本株式と米ドルだけ見るから悲観論になる

ただ日本の投資家の心情は未だ金融危機の後遺症を引きずっており、何も動けない状況が続いている。「日経平均株価が1万5000円ぐらいまで回復しないと株式には投資できない」といった投資家の声もあるほどだ。金融危機後のヒーリング(治癒)モードな投資家は、リターンを得ること以上に、リスクを抑えることを意識している。十分なリターンを得られないことはわかっていながら、株式のウェイトを下げて債券の割合を増やしている。オルタナティブ投資への懐疑も根強いものがある。

 

「今の機関投資家の状態を一言で表すなら市場への信頼喪失だ」。こう表現する。「リーマン・ショックは今までの枠組みをぶち壊してしまった。このため機関投資家は、先進国株式からのリターン獲得を信頼できない。アルファを信頼できない。キャピタルゲインを信頼できない。ヘッジファンドを信頼できない。不動産を信頼できない……といった心境に陥ってしまっている」と鈴木氏は分析する。

 

日本の機関投資家に漂う悲観論、閉塞感の原因について、日本人は日本株式とドル円レートばかり見ているから、極端な悲観論になりやすい。例えば2010年第2四半期のアセットクラス別インデックス・リターンを見ればわかるが、日本株式と米ドル以外はすべてプラスに転じている。ショック後からの回復が目覚しいアセットクラスは多く、ポートフォリオを見直す絶好の時期ではないか」と指摘する。

 

危機から2年以上が過ぎ、市場は最悪期を脱しており、そろそろリスク資産に資金を振り向けるべきではないかと考えている投資家も多い。 「伝統的4資産(日本株式・海外株式・日本債券・海外債券)に投資していればいいという時代は終わり、多様なオルタナティブ商品をいかに組み合わせるかが、ショックに強いポートフォリオの構築につながると思う。投資家のニーズに応えるべく、運用会社はさまざまなオルタナティブ商品を提供し始めている。今後はますますポートフォリオの分散化・細分化が進むだろう。投資家もコンサルタント会社もオルタナティブ商品の選択肢が増えた分、それについて研究する必要がある」と話す。