ETFの活用のすすめ

金融危機以降、オルタナティブ投資を中心に運用商品や運用手法のラインナップが多様化している。機関投資家にとって選択肢が増えたことはうれしい半面、自身のニーズに合った商品を選ぶのは大変な作業となっている。運用会社各社から異口同音に聞かれた言葉は、「プロダクトを売る時代は終わった。機関投資家のニーズに合ったソリューションを提供しなければならない」ということだった。さらなる危機があるかどうかはともかく、今のままのポートフォリオではいけないと危機意識を持つ投資家は多い。 トレントや過去のパフォーマンスに捉われず、フラットな視線でアセットクラスを見直すことが、新たな危機が起きた際にもショックを和らげることができるポートフォリオの構築につながるのではないだろうか。

ETFの活用のすすめ

これまで日本の機関投資家のポートフォリオにおいてはファンドによる運用の外部委託が主な割合を占めてきた。しかし市場環境がめまぐるしく変わるなか、ポートフォリオをその都度、機動的に変えることができるETFへの関心が高まりつつある。「ETFの先進国アメリカでは、個人投資家、機関投資家を問わずETFの利用がかなり進んでいるが、日本の機関投資家によるETFの活用が冶まりつつある。多くのETFは、金融危機後、特に機関投資家から要求の高まっている流動性と透明性を満たし、そのシンプルな商品性が評価されている。

 

ETFは、投資家白身が機動的にポートフォリオを変えることのできる、かつ効率向上のための道具」と説明する。多くのヘッジファンドなどが金ETFをポートフォリオに組込む意義とは何か。金投資を行うにあたり、キャピタルゲインを狙う方法もあるが、他の資産と相関性の低さに注目し、ポートフォリオ全体を安定化させる目的で取り入れることをお勧めしている。また、来るべきインフレに備えるという意味でも金投資も有効な手段の一つ。最近の金価格の上昇は、金自体の価格上昇というよりは、各国の量的緩和政策や通貨安競争により通貨価値が下がっていることが背景にあると見る向きが多い。特にポートフォリオに債券の占める割合の高い日本の機関投資家は、インフレへの問題意識を強く感じており、景気変動に関わらず、現在価値の貯蔵手段として金を捉える投資家は少なくない。金ETFの活用により、有価証券の形で実物資産を効率的に取引できる、この利便性が世界の投資家からそれが評価される理由だと思う」「また、金はコモディティというくくり方をされるのが一般的だが、その価格形成要因は他のコモディティとは異なる点が多い。独自のアセットクラスとして、一定程度、金をポートフォリオに組み込む余地は十分ある。

 

ポイントFXで世界に投資!為替相場が資産形成の場になる。

近頃、個人投資家にFX(外国為替証拠金取引)が人気を集めている。為替相場は24時間動くので、その変動幅を狙っていくというものである。現在証券会社、専業FX業者など約200社がしのぎを削っている。今後FXを始める投資はしっかりと、fx 比較をしていこう。手数料無料で1000通貨から始めることができるFX業者もある。